お金の話をする人が胡散臭くなるのは…。

—お金な話はタブ-なおかげで—

日本ではお金に関することを話すのも聞くのもタブーな風潮が色濃くあります。確かに堂々と給料いくらですかと聞かれ、はいそうですいくらもらってますなんて小生もなかなか答えませんが、聞き方や、聞いてきたことによりその人が何か得たいものがあると感じ信用にたる人物なら話すこともあります。

 

小生はせっかく3級ファイナンシャルプランニング技能士を取得したのに、日本の風潮によりなかなか職場でもあまり役には立っていないし、聴いてくる側も聞いてきた割に興味がなかったりと、嫌んなりますね…。

 

このブログのタイトルも楽して稼ぐ...なんて謳っていながら実際には楽して稼ぐ方法なんて何一つ書いてないわけですがそれでもやはり、お金に関して昔ながらの価値観を持つ方には胡散臭くなるのかもしれませんね。

 

当研究所ではそんな環境や価値観を変えるため日々研究を怠らずに行きたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。