お金を増やすにはどうしましょうか?

 —お金を増やす方法は…—

お金を増やす具体的な方法は大きく3つの方法しかありません。

 

 一つは支出を減らす方法

デフレが酷かった時代はお昼のワイドショーやゴールデンタイムの時間の生活系バラエティー番組で節約術を紹介する番組が非常に多かったです。水道代を節約するのに、トイレの水タンクや風呂桶の中に水を入れたペットボトルを入れ嵩増しする方法や、電気の契約のアンペアを変更するとか、電気ガスの自由化で契約を一本化しおまとめ割りを使うか。興味がないのでそれくらいしか出てこないですね…。とにかく節約系はかなりの忍耐と根気がいる作業です。

支出をへらす方法に関するブログ      

節約や副収入はこちらもどうぞ

 

 一つは収入を増やす方法

今は副業が解禁になってきている企業も多くなりましたが、昔はこっそりバイトしたりしてる人もいました。小生の頃はデフレ且つ就職氷河期だったので転職でより良い職場を求めることが出来なかったのでなかなか収入を増やすことは難しかったです。収入を増やすのが難しかったからこそ、節約系の番組が流行したのでしょうね。 現在は売り手市場といわれるほどの求人倍率の改善も見られます。他にも動画で稼ぐだけでなくフリマアプリをうまく使いお小遣いを稼いでる人もいます。

 

副業や節税節約の色々に興味のある方はこちらへどうぞ←怪しくありません(笑)。日本人はお金がらみになると非常に怪しみ慎重になりますもんね。

 

 

 最後の一つは、お金を運用すること

お金を運用することいわゆる投資をすることになります。投資をすることは自分の代わりにお金に働いてもらうということです。銀行預金から国債などの債券投資、投資信託、外貨預金、株式投資、先物取引など様々にあります。今、銀行預金に投資しても預ける額によっては年間の利息が一回の引き出し手数料で吹っ飛ぶことが多々あります。当面使わない資金には銀行預金以外の投資に充て存分に働いてもらいお金を増やすことが重要です。

投資というと以前の投資アレルギーというブログでも書きましたが、投資=ギャンブル=危ないという人が非常に多いです。ほぼすべての投資をしてない庶民は忘れていますが、中学の社会で習ったはずです。銀行預金も投資商品の一つなのだと。なので投資を否定することは銀行預金ですらギャンブルだと否定することになります。それは非常に恥ずかしいことです。また株式会社に勤める社員ならば株式投資をギャンブルだと否定することも恥ずかしいことです。株式会社は株主という出資者がいてこそ企業として存立し、営利を求めることができ、そうして社員に給料が支払われるからです。

 

 

—搾取の魔の手はすぐそこに確実に届いています—

大きく書くとたった3つだけですが、その中には無数の節約術や収入を増やす方法、投資の種類に、投資商品の数々があります。そして昨今、貯めた共通ポイントやクレジットカードのポイントなどでもポイント投資なるものが出てきています。その中の一つでも知っている、一つでも実践していれば、資産は自ずと増えていくはずです。知ることを面倒くさがり、放置しておけば税金や年金・保険だけでなく銀行ですら振り込み手数料やATM手数料などで細かく確実に気づかれずに搾取されてしまい資産は増えていかないことでしょう。

 

おいおいと節約以外のお金を増やす方法をひとつひとつ紹介していきますので、今後とも本ブログをよろしくお願いします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。