楽するって、ホント面倒くさい...けど実は最短距離!!

⌈楽するってどうするの?⌋

楽をするって、一直線にいけばいいと思うのだが、それは単純な直線での道の場合だけで人生の場合は意外と遠回りが近道で楽な場合もある。

 

先日テレビで小泉元首相の息子である、小泉孝太郎氏が言っていました。「父はエスカレーターやエレベーターを使わず階段で行け」と遠回りするように言っていたと。ただそれの真意までは語っていませんでしたが、首相として権力を極めた人の言葉として小生は色々考えました。

 

⌈楽するって意外と遠回り?⌋

場面で考えてみました。激込みの新宿や横浜、東京などのターミナル駅。エスカレーターは激込み長蛇の列。横には段数の多い階段、人はまばら。小生は並ぶのが嫌いだし、エスカレーターの空けてある右側だか左側だか知りませんが、エスカレーターを階段のように歩くのも嫌いなので、列がはけるまで近くのベンチがあれば座って待つか、はけそうにないなら階段でいきます。(※そもそもエスカレーターの左右どちらかを空けるのがマナー云々より、エスカレーターを歩くこと自体が危険行為でマナー違反)

 

すると階段で行くと、エスカレーターを歩く人のほうが若干早いが、エスカレーターを正しく使い止まって乗る人より早く上階に着きます。さらに並んでいた時間を含めれば断然階段のほうが早いです。

 

エスカレーターを使う人は最短距離を行ってるかもしれませんが、待つ時間分だけ時間かかるので最長距離は行けません。階段は同じ最短距離で体力は使いますが、時間が早いので距離を延ばすことができます。要するに稼いだ距離分だけ他の何かが出来るわけです。

 

まあこれはほんの些細なことの例ですが、ネットで稼ごうと思えばそのほんの些細なことの積み重ねが収益に繋がると実感するので、一概に違うとも、馬鹿にも出来ません。

 

 ⌈小泉元首相と安倍首相⌋

小泉首相が誕生するまで、彼は何度も総裁選に出ては落ちていました。YKKとか言われて期待されたり、変人扱いされたり...ほんと当時はDr.マシリトにしか見えませんでしたね(笑)。そうやって何度も苦杯を舐めながらも首相として郵政民営化、北朝鮮との会談などの実績を上げる平成の名宰相と相成りました。

その後を禅譲された第一次安倍さんは最短距離というか反則に近いワープでダメになりました。野党転落のきっかけの最初の一歩となる辞任、病気療養、福田麻生からの自民党野党転落...。遠回りをしたことで強くなり返り咲き、小泉首相を超える平成の名宰相、明治大正の元勲たちとは比べることは難しいが、近代でも名宰相と呼ぶにふさわしいと思います。

 

 ⌈面倒くさいを克服し最短距離を行き成功しよう⌋

日本の教育や常識、モラル、法律、税金、年金、保険、給料などの制度や文章は非常に面倒くさく設定されています。お金持ちや政治家などの成功者はその面倒くさいを乗り越えたわけです。小市民はそれを避けたわけです。避けて近道、最短距離を行ったつもりが、面倒くさい草むらや森で道がよく見えなくなってただけで、実は距離自体は短いということに気づかず、今の位置にいることに至るわけです。

面倒くさいの他にも、感情(エモーショナルコントロール)を抑制できず仕事する、他人の能力,報酬に嫉妬するなど様々なものが最短距離を行くことを阻んできます。それを克服できるどうかが別れ道です。それがわかるまで40年もかかるとは…。楽するって楽じゃないですね!!

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。