理解者がいないことが孤独~ウサギちゃんは寂しいと死んじゃうの~

理解されないセミリタイヤ

18歳で家を出て35歳までの長い間、独身で生きてきました。20歳そこそこの頃から45歳で仕事を辞めて隠居生活を送ると周囲に漏らしてきましたが、未だかつて理解を示してくれた人は、現実にはいません。

 ネット上には大勢理解者がいたり、既に実践されている方がいるのですがなかなか日本の労働教育の呪いと洗脳が強いのか浸透しません。

 

理解されない退職

セミリタイヤが理解されないということは当然、定年退職前に退職すること転職すらも周囲からは現実逃避や、辞め癖がついてると言われこちらも当然理解されません。

 

相容れない価値観の相違

別に理解してくれとは言いませんが、人の価値観などは人それぞれならば、セミリタイアなんて出来っこないとか、働かないのは反社会的だとかの批判だけはしてくれるなと思います。

同僚や過去の同期生達を見ていれば、だいたいわかります。労働教育の呪いと洗脳が解けそうな人なのか、そうじゃないのか。現在の小生の職場は就業環境が急速に悪化していますが、悪化の一途をたどっても転職などを考えている人はほんのごくわずかです。本心を言わないだけでもっといるかもしれませんが...

最近では孤独を感じています。周りの人とは普通に接しますが、孤独感は消えません。孤独を感じるのは近くに人が居るかどうかではなく、その周りの人に理解されているかどうかが大事なのかもしれません。

 ま、あえてセミリタイアなどを口にして周囲の反応を見て、普通なのか洗脳された人なのか判別してるところもありますけどね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。